logo

シャープから「新保冷材」発売--液晶技術応用し、適温を維持

加納恵 (編集部)2018年11月05日 15時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、社内ベンチャー「テキオンラボ」が開発する「新保冷材」を一般販売すると発表した。畜冷材料と保冷バッグがセットになっており、氷点下を約2時間維持できる。発売は11月上旬から。想定税別価格は5500円。

「新保冷材」
「新保冷材」

 新保冷材は、シャープの液晶技術を応用して作られたもの。酒造会社とのコラボレーションにより日本酒と新保冷材をセットにしてクラウドファンディングを通じて2017年3月より限定的な販売をしてきた。今回、累計の販売数が1万セットを超えたことを受け、一般販売に踏み切ったという。

 新保冷材の畜冷性能は、従来クラウドファンディングなどで販売したものと同じ。新保冷材の用途拡大を狙っており、日本酒だけでなくビールなどの飲み方やノンアルコールの炭酸飲料を新保冷材で冷やすとふわっとした新触感を楽しむ飲み方などを提案していくという。

 クラウドファンディングを行った製品で一般販売を開始するのは、シャープとして今回が初めて。年間2万台、売上高1億円以上を目指す。

保冷バッグと畜冷材料がセットになっている
保冷バッグと畜冷材料がセットになっている

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]