logo

HoloLens対応の手術支援システム「OpenSight」がFDA認証取得--手術前に体内を目視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Novaradは、Microsoftの複合現実(MR)ヘッドセット「HoloLens」に対応するNovaradの手術支援システム「OpenSight」が、医療機器の販売に必要な510(k)認証を米食品医薬品局(FDA)から取得できたと発表した。

HoloLens対応の手術支援システムがFDA認証取得(出典:Novarad)
HoloLens対応の手術支援システムがFDA認証取得(出典:Novarad)

 OpenSightは、手術を控えている患者の体に2Dや3D、さらに4D映像を重ねて見せることのできる拡張現実(AR)システム。HoloLensを装着した医師が患者を見ると、CTやMRIなどで得た体内の画像と体を同時に確認できる。メスを入れる前の段階で手術計画を綿密に立てられるようになり、より良い結果につながるとしている。

 さらに、OpenSightは複数人が同時に使用することも可能。医療行為を行う複数のスタッフが画像確認用として使うほか、医学生や研修医などに装着させてトレーニング用にも活用できる。

OpenSightの紹介ビデオ(出典:Novarad/Vimeo)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]