logo

リマールエステート、不動産売買支援クラウド「キマール」の課金版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リマールエステートは10月31日、不動産売買支援クラウド「キマール」課金版の提供を開始した。

 キマールは、不動産の売買に関わる仲介会社や投資家向けに、不動産売買の成約増加を支援するサービス。物件と顧客をクラウドで一元管理することで、生産性向上とデータ活用を実現する。

不動産売買支援クラウド「キマール」課金版
不動産売買支援クラウド「キマール」課金版

 データは「Amazon Web Service」のセキュリティ基準のもと管理。常時のバックアップで、トラブル発生時も復旧がすぐに可能であるとしている。

 月額利用料は、月間の新規物件情報により3つのコースが設定され、月間50件の「Business」が6万円(税別)、月間150件の「Professional」が15万円(税別)、月間400件の「Enterprise」が30万円となり、割安な年間払いも用意されている。

 今後は、基本システムの拡充と、AI(人工知能)やRPA(ロボットによる業務自動化)を用いたビッグデータ活用システムの追加を予定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]