logo

スマートスピーカ「Google Home」、ディズニー絵本の読み聞かせに効果音や音楽を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、スマートスピーカ「Google Home」に対して、ディズニー絵本の読み聞かせ時に効果音や音楽が流れる新機能を追加した。

Google Homeがディズニー絵本の読み聞かせに効果音や音楽を追加(出典:Google)
Google Homeがディズニー絵本の読み聞かせに効果音や音楽を追加(出典:Google)

 この機能は、Walt Disneyの協力を得て実現。「Little Golden Books」シリーズの一部絵本を子どもなどに読み聞かせすると、Google Homeが読む声を認識し、場面にあった効果音や音楽(BGM)を自動的に流してくれるもの。

 利用するには、まずGoogle Homeに対して「Hey Google, let’s read along with Disney」(ヘイ、グーグル。ディズニーの読み聞かせをしよう)と声をかける。読んでいるページは音声解析でGoogle Homeが認識するため、好きなペースで読み進めることが可能。子どもが絵をじっくり見たがったり、その場面について話したりして読むのを止めると、再開するまでBGMが流れ続ける。また、途中のページを読み飛ばしても、新たに読み始めた場面に合わせた音が再生される。

読む声に合わせて音が追従する(出典:Google)
読む声に合わせて音が追従する(出典:Google)

 現在この機能に対応している絵本は以下のとおり。

  • Moana(モアナと伝説の海)
  • Toy Story 3(トイ・ストーリー3)
  • Coco(リメンバー・ミー)
  • Jack Jack Attack(ジャック・ジャック・アタック)
  • Peter Pan(ピーター・パン)
  • Cinderella(シンデレラ)
  • Alice in Wonderland(ふしぎの国のアリス)
  • The Three Little Pigs(3匹の子ぶた)
  • Mickey Mouse and his Spaceship(ミッキーマウスと宇宙船)
  • Mickey's Christmas Carol(ミッキーのクリスマスキャロル)
対応する絵本は順次追加される(出典:Google)
対応する絵本は順次追加される(出典:Google)

 対応する絵本のタイトルは、年末に向けて順次追加していく。また、読み聞かせ機能が利用可能なスマートスピーカおよびスマートディスプレイも増やす予定。

読み聞かせ機能の紹介ビデオ(出典:Google/YouTube)


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]