logo

“画面内”に指紋センサを内蔵したOPPO製スマホ--UQが3万円台で独占販売 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

固定ブロードバンドの“代替市場”にも注力

 UQ WiMAXの新商品の1つは、NECプラットフォームズ製のモバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT WX05」。理論値での下り通信速度が最大440Mbpsの高速通信を実現するほか、WiMAX 2+では初めて、送信出力を上げて通信品質を向上させる「WiMAXハイパワー」に対応し、通信速度の安定化が図られている。

 2年契約の「UQ Flat ツープラス ギガ放題」契約時の端末価格はルータ単体で3800円、クレードルとのセットで6500円となり、11月8日の発売を予定している。

UQ WiMAXの新製品となるモバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT WX05」。「WiMAXハイパワー」への対応や、周囲のWi-Fi環境をビジュアル表示する「ビジュアルステータス」などの機能を備える
UQ WiMAXの新製品となるモバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT WX05」。「WiMAXハイパワー」への対応や、周囲のWi-Fi環境をビジュアル表示する「ビジュアルステータス」などの機能を備える

 そしてもう1つは、同じくNECプラットフォームズ製の据え置き型ホームルータ「WiMAX HOME 01」。Speed Wi-Fi NEXT WX05と同様、下り最大440Mbpsの高速通信とWiMAXハイパワーに対応し、最大20台まで同時接続できるほか、コンセントに差すだけで利用でき、スマートフォンから簡単に設定できるなど、手軽に利用できることに力が入れられている。価格は「UQ Flat ツープラス ギガ放題」契約時で3800円となり、12月上旬の発売を予定している。

据え置き型の「WiMAX HOME 01」は、同社が固定ブロードバンドの代替としてUQ WiMAXを訴求していくための商品になるという
据え置き型の「WiMAX HOME 01」は、同社が固定ブロードバンドの代替としてUQ WiMAXを訴求していくための商品になるという

 森重氏はWiMAX HOME 01の投入によって、「今までモバイルルータ市場に力を入れてきたが、固定ブロードバンドの代替市場にも力を入れていきたい」と説明。今後は据え置き型ルータの提供にも力を入れる方針を示している。

 また最近、携帯電話各社を中心として20Gバイト以上の大容量プランが増えていることを受け、森重氏は「われわれはもともと元祖大容量とうたってきた。ウルトラ(大容量)市場にも乗り込んでいきたい」と回答。UQ mobileとUQ WiMAXのセットを「ウルトラギガMAX」とブランディングし、お得な料金で大容量通信が利用できることを訴求していきたいとしている。一方で両者のセット契約による割引に関しては「今のところ予定はない」とした。

大容量のデータ通信を利用できるUQ mobileとUQ WiMAXのセットを「ウルトラギガMAX」として訴求するとしているが、セット契約による値引きは予定していないとのこと
大容量のデータ通信を利用できるUQ mobileとUQ WiMAXのセットを「ウルトラギガMAX」として訴求するとしているが、セット契約による値引きは予定していないとのこと

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]