logo

ソフトバンク、5Gの実証実験を公開--移動しながら4K 360度映像をリアルタイム配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは10月25日、東京・芝大門で実施している、5Gを使用した映像転送の実証実験の様子を報道陣に公開した。

 これは3つの5G基地局を設置した市街地の試験エリア内で、専用の5G端末を搭載した2台の車両を走行させながら、一方の車両で撮影した360度の4K映像を、もう一方の車両にリアルタイムで伝送するというもの。サーバにある映像を端末に送るのではなく、5Gのネットワークを通じ2つの端末間で映像の送受信をしている点が、従来の実証実験とは大きく異なるという。

実証実験の概要。試験エリア内で2台の車両に積んだ5G端末を用い、2つの端末が5Gのコアネットワークを介して4K 360度映像の送受信をするのがポイントとなる
実証実験の概要。試験エリア内で2台の車両に積んだ5G端末を用い、2つの端末が5Gのコアネットワークを介して4K 360度映像の送受信をするのがポイントとなる

 今回の実証実験に使用する電波の周波数帯は100MHz幅の4.7GHz帯。5G向けの周波数帯としてはとりわけ高い訳ではないが、それでも障害物が多い都市部では遠くに飛びにくい帯域となる。そうした環境下でもエリア構築ができることや、移動した際に基地局が切り替わっても通信が途切れない「ハンドオーバー」の実現ができていることなどが、今回の実証実験のポイントだ。

映像を送信する側の車両。上部に8本のアンテナと、360度映像を撮影するためのカメラが搭載されている
映像を送信する側の車両。上部に8本のアンテナと、360度映像を撮影するためのカメラが搭載されている
送信側の車両の社内。座席部分に置かれているサーバ型の機械が5Gの端末になる
送信側の車両の社内。座席部分に置かれているサーバ型の機械が5Gの端末になる
受信側の車両。カメラがない以外は共通している
受信側の車両。カメラがない以外は共通している

 なお基地局には64のアンテナ素子を搭載したMassive MIMO対応のアンテナを搭載。一方で端末側には8つのアンテナを備えており、送信時に4本、受信時に8本のアンテナを使用する形になるとのことだ。なおこの試験環境においては、停車時には下り約2Gbps、上り360Mbpsの通信速度を実現できるとしている。

試験エリア内に設置された5G基地局のアンテナの1つ。64のアンテナ素子を搭載し、Massive MIMOに対応する
試験エリア内に設置された5G基地局のアンテナの1つ。64のアンテナ素子を搭載し、Massive MIMOに対応する
端末側には8本のアンテナが搭載されており、受信時に8本、送信時には4本のアンテナを用いるという
端末側には8本のアンテナが搭載されており、受信時に8本、送信時には4本のアンテナを用いるという

 実際に受信側の車両に乗車して映像配信の様子を確認すると、停車時はもちろんのこと、移動中に送信側、受信側いずれか一方にハンドオーバーが発生した際にも、映像が途切れることなくスムーズに再生できる様子を確認できた。

 また5Gでは送信時の通信速度が高速になることから、基地局の電波がぎりぎり届くかどうかという境界線上であっても、今回の4K 360度動画のような20〜30Mbps程度の映像であれば送信が可能だという。実際今回の実証実験では、送信側のバスが境界線上に移動した時であっても、映像に遅れは生じるものの映像が配信し続けられている様子を確認できた。

受信側の車両に搭載されているモニターで、送信側の車両から送られた360度映像を視聴している様子。エリア内では移動中もスムーズに再生できることを確認できた
受信側の車両に搭載されているモニターで、送信側の車両から送られた360度映像を視聴している様子。エリア内では移動中もスムーズに再生できることを確認できた

 ソフトバンクの関係者によると、今回の実証実験に360度の映像配信を用いたのは、5Gによる映像配信によって生産効率を上げることを考慮したためだという。具体的には、医師自身が移動しながら遠隔医療をするようなケースなどを想定しているとのことだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]