logo

Twitter、会話を促す機能をテスト--ツイートの色分け、ステータス表示の導入も

(CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2018年10月25日 13時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは現在、前向きな会話を始めやすくする新機能を実験している。テスト中の機能の1つには、「あなたの人生に最も大きな影響を与えた人は? その理由は?」「#Westworld (米国のテレビドラマ)の最新エピソードを理解できた人いる?」といった、会話のきっかけになる質問を目立たせるというものがある。

 Twitterでプロダクト管理責任者を務めるSara Haider氏は、Fast Companyがニューヨークで開催中のイベントで、「会話を始めたり会話に加わったりするのは、なかなか難しい。私も、自分が言いたいことがいつもわかっているわけではないが、それでも何か言いたいと思っている」と述べた

 Haider氏は8月にも、会話を促す機能をTwitterがテストしているとツイートしていた。

 Twitterではほかにも、より細かな変更についても実験している。検討している機能の1つとしては、人々がオンライン状態なのか、何をしているのかなどが分かるステータス表示の導入がある。また、会話の色分け機能により、フォローしている人のツイートを別の色で表示して、やり取りの盛んな会話を追いやすくするテストを進めている。すべてのツイートの下に返信欄を表示することも検討中だ。

提供:Getty Images
提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]