logo

Pixar共同創業者のエドウィン・キャットマル氏が引退へ

Claire Reilly (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年10月25日 13時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Pixarが、同社の共同創業者で、現代アニメーションの生みの親の1人であるEd Catmull氏が引退する意向だと発表したという。同氏の映画業界でのキャリアは45年以上に及ぶ。

 Catmull氏は1979年、George Lucas氏に雇われ、Lucasfilmのコンピューター部門を指揮した。同部門は「スタートレックII カーンの逆襲」などの映画に使われたデジタルテクノロジとグラフィックステクノロジの開発を担当した。同部門は後にPixarとなり、当初はCatmull氏とAppleの共同創業者のSteve Job氏、Disneyのチーフクリエイティブオフィサー(CCO)のJohn Lasseter氏が指揮した。

 Catmull氏は在職中、Pixarのソフトウェア「RenderMan」の開発に携わった。このソフトウェアは、1995年の大ヒット作「トイ・ストーリー」で使われてから、Pixarが制作したあらゆるアニメ映画で重要な役割を果たした。同社によると、RenderManはこの15年間におけるアカデミー賞の視覚効果賞のほぼすべての受賞作品とノミネート作品に使用されているという。

Toy Story
Ed Catmull氏は「トイ・ストーリー」シリーズのブレーンの1人
提供:Disney/Pixar Animation Studios

 Catmull氏自身もこれまでに5度アカデミー賞を受賞している。2度の科学技術賞のほか、特別賞のゴードン・E・ソーヤー賞を受賞し、コンピュータグラフィックスの功績をたたえられている。

 Pixarが発表した声明で、Catmull氏は数十年間に及ぶ映画業界での経歴を振り返った。

 「こんなに長い間、素晴らしい人たちと道を歩むことができるとは全く想像していなかった。紆余曲折や浮き沈みもあったが、溢れる情熱や才能、献身があったからこそ、類いまれなものや世界に限りない影響を及ぼすものを生み出すことができた」と同氏は述べた。

 Catmull氏は2018年の年末にPixarならびにWalt Disney Animation Studiosの社長の座から退き、2019年に正式に引退する予定だ。

Ed Catmull氏
年末にPixarの社長の座を退く予定のEd Catmull氏
提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]