logo

エネルギーベンチャーのENECHANGE、昭和シェル石油や東京ガスなどから7億円を調達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エネルギーベンチャーのENECHANGEは10月24日、昭和シェル石油、住友商事、大和証券グループ本社、東京ガス、北陸電力、Looop、SK GAS(韓国)の計7社から、業務提携を目的に総額約7億円の資金を調達したと発表した。同社は2015年に設立された、「エネルギーの未来をつくる」を企業ミッションとしたエネルギーテック企業。

 エネルギー業界はいま、「4つのD」と言われるメガトレンドにより大きな変革が見込まれていると同社では説明。ENECHANGEでは、これまで電力・ガス料金比較サイト「エネチェンジ」の運営や、電力ビッグデータの解析技術を活用したサービスEMAP・SMAPなど、2つD「DEREGULATION (規制緩和)」と「DIGITALISATION(デジタル化)」を事業化してきた。

電力・ガス料金比較サイト「エネチェンジ」
電力・ガス料金比較サイト「エネチェンジ」

 今後はさらに2つのD「DECENTRALISATION(分散化)」と 「DECARBONISATION(脱炭素化)」の事業を開拓すべく、JAPAN ENERGY CHALLENGEなどのプログラムを主催し、欧州エネルギーベンチャーとの提携を通じて、早期事業化するべく準備を進めているという。

 9月には、英国オックスフォード大学発のスタートアップであるBrillPowerと、中古リチウムイオン電池の再利用において新たな事業提携を発表。今後は、同社がエネルギー業界の変革プラットフォームとして展開するさまざまな先進的な取り組みと、今回資本業務提携を実施した7社が有する経験や顧客基盤を融合することで、世界のエネルギー革命をリードするような取り組みを目指すとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]