logo

データマイニング企業PalantirがIPOを検討か--評価額4.6兆円の可能性も

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年10月19日 13時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Palantirが巨額の評価額で上場企業になるかもしれない。

 シリコンバレーに拠点を置く秘密主義のデータマイニング会社である同社は、金融機関と協議し、早ければ2019年後半の新規株式公開(IPO)を検討しているという。The Wall Street Journal(WSJ)が報じた。複数の金融機関が、最大410億ドル(4兆6000億円)の評価額で上場できる可能性があると同社に伝えたとされる。

 同社のIPOについては確証が得られていないが、現在、複数の大手IT企業がIPOを検討している。WSJは米国時間10月16日、配車サービス大手のUberのIPOでの評価額が最大1200億ドル(約13兆4800億円)にも上り、2019年の早い時期にIPOが行われる可能性があると報じた。

 現在Alex Karp氏が最高経営責任者(CEO)を務めるPalantirは、Peter Thiel氏などの著名な投資家らが共同で創業した。ビッグデータの分析や情報解析を専門としており、米国政府や世界中のさまざまな企業や団体にサービスを提供している。

PalantirのCEOであるAlex Karp氏
PalantirのCEOであるAlex Karp氏。
提供:Ludovic Marin/Getty Images

 米CNETはPalantirにコメントを求めたが回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]