logo

Lyft、2019年のIPOに向け準備か--アドバイザー企業契約と報道

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年09月03日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 報道によると、Lyftはアドバイザー企業と契約して、新規株式公開(IPO)の準備を開始したという。

 米国でUberに次ぐ2番手の配車サービスであるLyftは2019年3月か4月のIPOを目指して、IPOアドバイザーとしてClass V Groupと契約した。Bloombergが米国時間8月31日、匿名情報筋の話として報じた。Bloombergによると、Uberに先んじてのIPOを目指すLyftは、早ければ9月にも銀行と接触し始める予定だという。

提供:Getty Images
提供:Getty Images

 Uberの最高経営責任者(CEO)のDara Khosrowshahi氏は自社のIPOについて、2019年後半を目指していると述べたと、報じられている。Khosrowshahi氏は2017年にCEOに就任し、一連の不祥事や訴訟で失墜した評判の回復に努めている。

 Lyftが2017年12月、企業開発およびインベスターリレーションズ(IR)担当バイスプレジデントとしてKristina Omari氏を雇ったことを受けて、IPOに関する憶測が広まった。

 Lyftは6月に新たな投資ラウンドで資金を調達し、その評価額は151億ドル(約1兆7000億円)となった。依然としてUberに比べるとかなり小さな規模だが(Uberの当時の評価額は約680億ドル)、LyftはUberほど多くの不祥事に巻き込まれていない。

 Lyftはサンタモニカでスクーターサービスの提供を認められた4社にも含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]