logo

サムスン、スペインのネットワーク分析企業Zhilabsを買収--5Gへの取り組みをさらに強化へ

Jennifer Bisset (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2018年10月18日 11時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは現地時間10月17日、バルセロナに本拠を置くZhilabsを買収したと発表した。Zhilabsは、人工知能(AI)を活用して通信事業者やそのサービスのパフォーマンスを監視する、ネットワーク分析サービスを提供する企業だ。買収額は明らかにされていない。

 サムスンにとって、今回の買収は自社の5G性能やネットワーク品質の強化につながる可能性がある。Zhilabsが持つAIベースの分析機能を利用すれば、SMSメッセージサービスやデータ接続、ローミングのパフォーマンスを、個々の利用者レベルで監視可能になるからだ。2008年に設立されたZhilabsはほかに、トラブルシューティングを自動化するサービスも提供している。サムスンは5Gへの移行を実現するため、Zhilabsと共同で新しい技術を開発したい考えだ。

 サムスンは、次世代の超高速モバイルデータ通信である5Gに注力する姿勢を鮮明にしている。5Gネットワークは2019年にも登場するとみられており、無線ネットワークの速度、サービスエリア、応答性に関して機能向上が期待できる。AT&TやVerizonといった通信事業者は、すでに初期型の5Gサービスを立ち上げている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]