logo

アップルが所有する自分の個人情報、米国居住者もプライバシーポータルから取得可能に

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年10月18日 08時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国在住のAppleユーザーは、米国時間10月17日より、Appleのプライバシーポータルから同社が保有する自分の情報をダウンロードできるようになった。

 「プライバシーは基本的な人権である」とプライバシーポータルには記されており、「優れた体験をするために、あなたのプライバシーと安全を犠牲にする必要はない」とも記されている。

 Appleがオープン性を推進するのは、欧州の一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)が5月に施行されたことを受けた動きで、このプライバシーポータルは、欧州のユーザーに対して既に提供されている。情報には基本的に、氏名、電子メールアドレス、住所、電話番号、購入履歴などが含まれる。

 Appleは、利用者ごとにランダムな識別子を提供し、エンドツーエンドの暗号化を使って、ユーザーのプライバシーを保護していると述べている。これは、「Apple Maps」を使用するユーザーが個別に特定されることはなく、ユーザーの「iMessage」の内容をAppleが確認することはできないことを意味する。

 データの取得方法はAppleのウェブページで確認できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]