logo

サイバーエージェント、アニメ制作事業に本格参入--オリジナルIPの創出と展開狙う

佐藤和也 (編集部)2018年10月17日 13時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは10月17日、アニメ制作事業に本格参入することを発表。アニメレーベル「CAAnimation」(シーエーアニメーション)を設立した。

 サイバーエージェントでは2017年6月に、子会社のCygamesとともにアニメIPへの投資を目的としたファンド「CA-Cygamesアニメファンド」を組成。アニメ領域におけるグループの事業拡充を目的に、アニメ製作委員会への出資を通したアニメ作品のネット配信権、ゲーム化権の取得などを進めている。

 今回設立したCAAnimationを通じて、新たにオリジナルアニメの制作へ参入。ここから生まれたオリジナルアニメをもとに、ゲーム子会社によるゲーム化展開など、メディアミックスを前提とした企画開発やプロデュースを行うという。

 子会社のAbemaTVが運営するインターネットテレビ局「AbemaTV」においては、アニメが人気コンテンツのひとつになっていることを背景に、AbemaTVとの連動によって自社オリジナルのアニメIPの創出を図っていくとしている。

 CAAnimationの設立日は10月17日。エグゼクティブプロデューサーに落合雅也氏、ゼネラルプロデューサーにアニメ「Wake Up, Girls!」「ユーリ!!! on ICE」などを手がけた田中宏幸氏が就任する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]