logo

クラウドファンディング「READYFOR」が約5.3億円を調達--実行者向けSaaSツールなど開発へ

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年10月17日 09時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドファンディングサービス「Readyfor(レディーフォー)」を運営するREADYFORは10月17日、グロービス・キャピタル・パートナーズ、Mistletoe、石川康晴氏、小泉文明氏から約5億3000万円の資金を調達したと発表した。


 これにあわせて、7月に同社に参画した弁護士の草原敦夫氏が執行役員CLOに、グロービス・キャピタル・パートナーズの今野穣氏が社外取締役に就任。さらに、アドバイザーとして、ストライプインターナショナルの石川康晴氏、メルカリの小泉文明氏、Mistletoeの孫泰蔵氏、東京大学の松尾豊氏が参画。ブランド強化のため、クリエーティブアドバイザーとして電通 エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/クリエーティブ・テクノロジストの菅野薫氏が参画する。

 同社は今回の調達により、クラウドファンディング事業の人材採用やシステム強化をするほか、テクノロジとビジネスアイデアを用いて、短期的な利潤の追求だけからは生まれない「社会を持続可能にする新たな資金流通メカニズムの確立」を加速させるための新規事業を開発するという。

クラウドファンディングサービス「Readyfor(レディーフォー)」
クラウドファンディングサービス「Readyfor(レディーフォー)」

 具体的には、支援者にとってより良い支援体験を提供することを目的として、実行者向け「ファン・リレーション・マネジメント」(SaaS)ツールの開発と事業展開を検討するほか、パートナーをはじめとする地元有力企業との協力関係を強め(ローカルパートナーシッププログラムの強化)、全国でクラウドファンディング が利用される社会を目指す。

 また、これまで同社は、アサヒグループ、J-COMなどの企業と提携し、社会性の高いプロジェクトを実施する団体に対して企業のCSR資金をマッチングさせる「マッチングギフトプログラム」を提供してきた。今後は、SDGs達成に向けて取り組む企業側のニーズの高まりを踏まえて、同社内に「ソーシャルインパクト事業部」を立ち上げ、企業とSDGs達成に寄与する活動をする団体やビジネスとのマッチングをはじめ、Readyforのデータ活用を通じた事業を展開するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]