logo

セブン銀行、ATMでSuicaやEdyなどへチャージ可能に

西中悠基 (編集部)2018年10月15日 20時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セブン銀行は10月15日、セブン銀行ATMにおいて、「Suica」や「ICOCA」など交通系電子マネー9種類と「楽天Edy」のチャージ・残高確認サービスを開始した。

セブン銀行ATMにて交通系電子マネー・楽天Edyへのチャージサービスを開始
セブン銀行ATMにて交通系電子マネー・楽天Edyへのチャージサービスを開始

 サービスは、全国に設置する約2万4000台のセブン銀行ATM全てが対象。以前からATMに備えられている電子マネーリーダを活用する。チャージは1000円単位となり、交通系電子マネーでは最大2万円、楽天Edyでは最大5万円(1回のチャージでは2万5000円)までチャージが可能だ。チャージは駅の券売機などと同様、おつりが発生する金額にも対応。同日より、これまではおつり対応ができなかった「nanaco」へのチャージでも、おつりに対応する。

画面の操作に従ってチャージ額を指定し、1000円単位で入金する
画面の操作に従ってチャージ額を指定し、1000円単位で入金する

 交通系電子マネーは、もちろん駅でもチャージが可能だ。では、なぜセブン銀行は電子マネーのチャージサービスに参入したのか。セブン銀行の担当者は、「交通機関のみならず、街中における交通系電子マネーの利用が増えているため」と語った。ATMをさまざまな人に使ってもらいたいとするセブン銀行は、この利用動向の変化に対応するため、今回のサービス導入に踏み切った。通勤時間帯や昼休みなどでの街中での買い物前や、深夜のタクシー利用前などでのサービス利用を想定しているという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]