logo

DeNA、タクシー配車アプリを東京都内で展開へ--東都自動車・日の丸自動車と協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は10月15日、同社が提供する次世代タクシー配車アプリにおいて、東都自動車と日の丸自動車の2社と協業すると発表した。2018年内を目処に東京23区を中心としたエリアで展開を開始する。なお、東京都内への展開の際には、第一交通産業グループ、平和交通、荏原交通が参画する予定。

 同社ではこれまで、神奈川県タクシー協会とともに神奈川県内でタクシー配車アプリを展開。4月からのサービス開始後、約5カ月で月間実車回数5.8万回を突破するなど好調に推移しているという。今回協業を開始する各事業者の対象エリアにおける総車両保有台数は約4000台で、すでにサービスを開始している神奈川県と合わせると約9500台となる。

DeNAが神奈川県タクシー協会とともに神奈川県内で展開するタクシー配車アプリ
DeNAが神奈川県タクシー協会とともに神奈川県内で展開するタクシー配車アプリ

 協業では、東都自動車、日の丸自動車、第一交通産業グループ、平和交通、荏原交通がこれまで培ってきた安心・安全を担保する運行管理ノウハウと、DeNAの乗客用・乗務員用端末に関わるアプリケーションの開発・運用技術、AIによる需要予測などによって、東京都内でも完成度の高いタクシー配車サービスを構築するとしている。

 また、同社では配車アプリのみならず、後部座席で利用者がニュースや交通情報などを確認できるタブレットや決済機など、ハードウェアを含めたタクシーの総合的なスマート化・IoT化を実現するとしている。さらに、各地のタクシー事業者と連携し、2019年春には京阪神エリアに進出するほか、その後も都市圏を中心に順次全国各地へと拡大する予定だという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]