logo

世界PC出荷、レノボが1位を保持--トップ3がシェア拡大

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年10月11日 10時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市場調査会社のGartnerが米国時間10月10日に発表した速報値によると、PCメーカーは2018年第3四半期、前年同期比0.1%増の6720万台を出荷したという。第2四半期は出荷台数が1.4%増加したが(6年間で初めての増加)、第3四半期は全体的に横ばいだった。

 消費者からの需要は依然として低調だったが、好調な企業向け販売が市場全体を支えた。

 Gartnerの主席アナリストの北川美佳子氏プレスリリースの中で、「堅調な法人向けPC需要が引き続きPC市場をけん引した。この需要をけん引したのは『Windows 10』PCハードウェアのアップグレードだ。Windows 10のアップグレードサイクルは2020年まで継続し、その後、アップグレードの需要は減少するとわれわれはみている」と述べた。

提供:Gartner
Lenovo提供:Gartner

 レノボが23.6%の市場シェアでトップを保持した。これは前年同期の21.4%からの増加となる。HPは21.8%で2位、続いてDellが16%で3位となった。

 トップ3が市場シェアを拡大する一方で、AppleとAcerはシェアを下げた。Appleは7.3%で4位、Acerは6.1%で5位となった。

レノボのPC
レノボが2018年第3四半期の世界PC出荷台数で1位となった。
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]