logo

ディスプレイ搭載など次世代クレカで、ソフトバンクとDynamicsら、包括的協業に合意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンク、ソフトバンク コマース&サービス、Dynamicsの3社は10月3日、Dynamicsが世界で展開する次世代クレジットカードの日本国内での展開について、包括的な協業を検討することに合意したと発表した。

 Dynamicsによると、現金流通量が高い日本のキャッシュレス化の促進には、消費者にとってより親しみやすいサービスが必要であると考えているという。また、各種カードの平均保有枚数が多い日本は、あらゆるカードを1枚にまとめられる機能を持つサービスとの親和性が高いことから、アジア太平洋地域への事業拡大において、最も重要なマーケットと位置付けている。

 今回の合意により、戦略パートナーとして、ソフトバンクが通信・ネットワークのサポートを、ソフトバンク コマース&サービスが企画・マーケティングおよび、販売展開を担い、2019年以降のサービス開始を目指す。

主な次世代クレジットカード
主な次世代クレジットカード

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]