logo

「Windows 10 October 2018 Update」がリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年10月03日 07時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、「Windows 10」の次期フィーチャーアップデートである開発コード名「Redstone 5」、正式名称「Windows 10 October 2018 Update」(または「1809」)を、米国時間10月2日に提供開始したと発表した。月例パッチを配信する9日には、提供範囲がさらに拡大する予定だ。

 Microsoftのモダンライフおよびデバイス担当コーポレートバイスプレジデントを務めるYusuf Mehdi氏が、2日にニューヨーク市で開催された同社のイベントでリリース日を発表した。

 2日から、「Windows 10 Insider Program」の登録ユーザーと、Windows 10 October Updateを早く手に入れたいその他のWindows 10ユーザーは、更新プログラムを手動で確認することによって同アップデートの正式版を入手することができる。正式版は、Build 17763.1のはずだ(ちなみにこの入手方法は、April 2018 Updateがリリースされたときと同じ)。

 先週開催されたIgniteイベントで、Microsoftは「Windows Server 2019」を10月にリリースすると明言した。具体的なリリース日は明らかにしなかったが、「Azure Marketplace」または「Volume Licensing Service Center」でダウンロード可能になった時点で、ブログ記事の公開によって顧客に通知するとした。また、「Windows Server 2019 Essentials」がリリース予定に含まれていることをMicrosoftが認めたことも、聞き逃した読者のために記載しておく。

 Windows 10 October 2018 Updateに含まれる新機能としては、検索エクスペリエンスの刷新、Bluetoothデバイス向けのバッテリ残量表示、テキストサイズの調整、新しい「Snip & Sketch」ツール、新しいクラウドクリップボードなどがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]