logo

タニタ子会社に総額35億円の割当増資--生涯現役社会に向けたプラットフォーム構築へ

坂本純子 (編集部)2018年10月01日 11時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タニタの子会社で健康サービス事業を展開するタニタヘルスリンクは9月28日、検診データや日々の体重測定、活動量計のデータ、労働情報などを集約し、ヘルスケアに生かせるオープンプラットフォームを構築すると発表した。

 オープンプラットフォームの構築に向け、タニタのほか官民ファンドのINCJ、ヘルスケア分野との親和性が高い事業パートナー4社を引受先とする総額35億円の第三者割当増資を実施。契約締結を完了している。

 中核となる増資引受先はINCJだ。新たな事業展開を推進するための資金として、27億円を上限とする出資を行うことを決定し、23億円を出資。ガバナンスのサポートなどを目的とし、タニタヘルスリンクに2名を派遣する。事業パートナーとして参画するのは、イトーキ、SBI 生命保険、一般財団法人淳風会、日立システムズの4社だ。

INCJにおけるタニタヘルスリンクへの出資の狙い
INCJにおけるタニタヘルスリンクへの出資の狙い
タニタのほか官民ファンドのINCJ、ヘルスケア分野との親和性が高い事業パートナとして、イトーキ、SBI 生命保険、一般財団法人淳風会、日立システムズの4社が参画。東京大学センター・オブ・イノベーション(COI)も含み、産学官連携で構築する
タニタのほか官民ファンドのINCJ、ヘルスケア分野との親和性が高い事業パートナとして、イトーキ、SBI 生命保険、一般財団法人淳風会、日立システムズの4社が参画。東京大学センター・オブ・イノベーション(COI)も含み、産学官連携で構築する

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]