logo

アップルのシステムをハッキングした少年、保護観察処分に

MARK SERRELS (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年09月28日 11時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2年間に複数回にわたってAppleのシステムにアクセスした罪を認めたオーストラリアの少年が、現地時間9月27日、有罪判決を免れたという。Appleをハッキングした罪で服役することはなくなる。

 少年はメルボルンの自宅からAppleのメインフレームにアクセスしていた。報道によると、少年はAppleのファンで、将来同社で働きたいと思っていたことが動機だったという。初めてアクセスに成功した時は16歳だった。

 少年は90Gバイトのデータをダウンロードし、家族で共有していたコンピュータで「Hacky hack hack」という名前のフォルダに保存していたという。

 少年は8月に罪を認めたが、27日に判決が言い渡された。それによると有罪とはならず、8カ月の保護観察処分となる。

 少年はこれまでに大学への入学が認められ、犯罪学とサイバーセキュリティを学んでいるという。

提供:Zhang Peng
提供:Zhang Peng

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]