logo

ソフトバンク、約1030万通のメールを誤って消失--迷惑メールフィルタに不具合

藤井涼 (編集部)2018年09月21日 20時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは9月21日、迷惑メールフィルタの不具合によって、約1030万通のメールを誤って消失したことを発表した。対象期間は、9月17日午前10時48分~9月18日午前9時16分。

 同社によれば、ソフトバンクの携帯電話ユーザー宛てに日々約3億通のメールが送信されており、その内、迷惑メールフィルタを利用するユーザー宛ての約1億5000万通が機械的に迷惑メールとして判断され、ユーザーに届かないようブロックされているという。

 しかし、ソフトバンクの「S!メール(MMS)」「Eメール(i)」、ワイモバイルの「MMS」「EMメール-S(MMS)」「ケータイ(PHS)用Eメール」において、迷惑メールフィルタを利用している一部のユーザーが、「.co.jp」を含むドメインからの約1030万通のメールを受信できない事象が発生していた。

 調査の結果、送信元のドメインに「.co.jp」を含むメールが、誤って迷惑メールとして判定されてしまい消失していることが判明したという。蓄積された迷惑メールのデータベースへ反映するパターンファイル(迷惑メールかどうかを判別する基準になるデータ)の自動生成時の不具合によるものとしている。

 同社では、今回の事象の原因となった不具合を修正。運用監視体制強化など、再発防止策の徹底を図るとしている。なお、対象となるユーザーには個別に謝罪の連絡をするという。問い合わせ電話番号は「0800-222-0176」(通話料無料・受付時間は9〜20時まで)。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]