logo

日本橋を“大人起業家”が集う街に--三井不動産、プロトスターと連携しベンチャー支援

加納恵 (編集部)2018年09月19日 17時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井不動産とプロトスターが「日本橋を起業家たちの聖地する」ため始動した。9月19日、三井不動産はプロトスターによる「“E.A.S.T.”(イースト)構想」との連携を発表。三井不動産によるベンチャー共創事業「31VENTURES」の拠点である「31VENTURES Clipニホンバシ」で、日本橋エリアのベンチャー企業支援に注力する。

左から、三井不動産ベンチャー共創事業部長の菅原晶氏、プロトスターCCOの栗島祐介氏
左から、三井不動産ベンチャー共創事業部長の菅原晶氏、プロトスターCCOの栗島祐介氏

 “E.A.S.T.”構想は「Empowering Ambitious Startups in Tokyo」の略で、東京東側エリアの大手企業とベンチャー企業を日本橋に集積し、促進、支援していこうというもの。起業家コミュニティや起業家と投資家をつなぐプラットフォームを提供しているプロトスターが運営を担い、三井不動産は場の提供や、大手企業との橋渡しなどのサポートを請け負う。

 「SHIBUYA BIT VALLEY(シブヤ・ビットバレー)」を始め、ベンチャー企業の多くは渋谷、六本木、五反田など東京の西側に多く存在するが、プロトスターCCOの栗島祐介氏は「渋谷は若手起業家が多く集まっているが、日本橋は30~40代の大人起業家が生まれる場所になる」と日本橋を位置づける。

 “E.A.S.T.”構想では、産業構造が複雑で長い歴史を持つ領域のテクノロジ化に取り組むハードテックの注力。具体的には教育、医療、農林水産、不動産、建築土木、製造、製薬、金融などがそれに当たり、BtoB向け事業を手がけている企業が主な対象になる。

「“E.A.S.T.”構想」では「DeepTech」「HardTech」の領域に注力する
「“E.A.S.T.”構想」では「DeepTech」「HardTech」の領域に注力する

 日本橋は空港、新幹線、地下鉄などの交通アクセスがよいことに加え、大手企業が多く拠点を構える場所。ここに起業家を誘致し、各インキュベーションへの誘導や起業家の移住を推進することで、起業家の聖地を作り上げる計画だ。

 「日本橋は上場企業が多く、企業連携という面でもやりやすい場所。大手企業の多い日本橋のお膝元から次世代の会社が生まれる流れはすでにできつつある」と栗島氏は日本橋の可能性を話す。

 さらに、赤坂で「起業版のトキワ荘」として作った「赤坂起業家ハウス」を例に挙げ「起業家寮をつくりたい。拠点を集積して交流し、加速させることができる」(栗島氏)とリアルな場所の集積にこだわる。「ネットの登場により、居場所はどこでもいいという考え方もあるが、ネットに書き込むことで拡散されたり、漏洩したりするリスクがある。集積させていくことによって、地域産業としても盛り上げられる」とコメントした。

日本橋を起業家の聖地にするための認知度向上、誘致フェーズ
日本橋を起業家の聖地にするための認知度向上、誘致フェーズ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]