logo

SIE、初代プレイステーションを手のひらサイズで復刻--12月3日発売、20作品収録

佐藤和也 (編集部)2018年09月19日 15時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「プレイステーション クラシック」
Scroll Right Scroll Left

「プレイステーション クラシック」

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は9月19日、1994年に発売した初代プレイステーションのデザインをコンパクトなサイズで復刻し、懐かしのプレイステーションソフトを20作品内蔵した「プレイステーション クラシック」を、12月3日に数量限定で発売すると発表した。価格は9980円(税別)。北米と欧州でもそれぞれ99USドル(税抜)、99ユーロ(税込)にて販売する。

 プレイステーション クラシックは、初期型プレイステーションの外見やボタン配置、コントローラ、外箱パッケージのデザインをほぼそのままに、本体は縦横で約45%、体積で約80%コンパクトにして復刻したもの。

 ソフトは「R4 RIDGE RACER TYPE 4」(バンダイナムコエンターテインメント)、「JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻」(SIE)、「鉄拳3」(バンダイナムコエンターテインメント)、「ファイナルファンタジーVII インターナショナル」(スクウェア・エニックス)、「ワイルドアームズ」(SIE)など、20タイトルを内蔵しているという。

 テレビなどの外部ディスプレイに接続するためのHDMIケーブルと、本体の電源供給時に市販のUSB対応ACアダプターに接続するUSBケーブルが付属。また、専用コントローラを2つ同梱し、対戦や協力プレイにも対応する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]