logo

VRヘッドセット用ブラウザ「Firefox Reality」がリリース

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年09月19日 09時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaは米国時間9月18日、仮想現実(VR)ヘッドセットに対応するウェブブラウザ「Firefox Reality」のバージョン1.0をリリースした。「Viveport」「Oculus」および「Daydream」のアプリストアで提供されている。

提供:Mozilla
Firefox RealityはVRゴーグルの3D風景を構築するために、2つのイメージを生成する
提供:Mozilla

 ヘッドセットを装着して、コンピュータが生成した没入型の風景が実際の視界と置き換わると、キーボードなどの入力が難しいという問題がある。携帯型ポインタが装備される場合もあるが、それでもテキスト入力は、一つ一つキーを探しながら打つという耐え難いほど遅い操作となる。この新しいブラウザは、音声制御によってこの問題に対処する。

Chrome
Firefox Realityでは音声を使って検索できるため、携帯型ポインタでタイピングする必要はない
提供:Mozilla

 「ナビゲーション、テキスト入力、環境、検索など、すべてを再考する必要があった」と、Mozillaの複合現実(MR)プラットフォーム戦略を統括するAndre Vrignaud氏は述べている。

 スマートフォンやコンピュータ上ではGoogleの「Chrome」が圧倒的なシェアを誇るが、Mozillaは、VR規格をウェブ用に改変するという同社の先駆的な取り組みと、新しいVR対応のブラウザが、コンピュータによって生成された風景であふれる未来において、Firefoxのシェア確保につながると期待している。

 Firefox Realityは現在、VRヘッドセットのみを対象に設計されている。しかしMozillaは、コンピュータによって生成された画像を実際の風景に重ね合わせる拡張現実(AR)や、「Magic Leap One」のようなゴーグルによってデジタル画像を実際の風景に融合させるMRなどの関連技術のサポートにも取り組んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]