logo

ルノー・日産・三菱連合がグーグルと提携、「Android」を車載システムに採用

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年09月19日 07時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノー・日産自動車・三菱自動車の3社連合は9月18日、「Android」をベースとするインフォテインメントシステムを車両に搭載するための複数年契約をGoogleと締結したと発表した。より広範囲にわたるコネクテッドシステムを新型車両に装備するという、より大規模な戦略の一環だ。

 Androidインフォテインメントシステムを搭載する車両は、2021年から提供開始される予定で、運転者や同乗者は「Googleマップ」を車両から直接使用し、「Google Play」ストア上の車載アプリを利用し、内蔵の「Googleアシスタント」を使って電話やメールに応対し、情報を検索し、車内のさまざまな機能を管理できるようになる。

 これらのサービスを自動車メーカー3社の「アライアンスインテリジェントクラウド」と組み合わせることによって、リモートからのソフトウェアアップグレードや車両診断が可能になる。このエコシステムは、Appleの「iOS」を含む他のOSを搭載する端末にも対応する予定だ。

 「Androidプラットフォームをインフォテインメントシステムに組み込むことで、新しいレベルの知能をわれわれのコネクテッドカーに加えていきます」と、ルノー・日産自動車・三菱自動車でコネクテッド車両の開発を担当するアライアンスグローバルバイスプレジデントのKal Mos氏は述べた。

 3社連合との契約に伴い、Googleは、世界中の200の市場で年間1000万台を超える車両を販売する企業グループと連携することになる。自動車メーカー3社は、Googleの支援を得てコネクテッドカー技術を前進させるとともに、2022年末までに販売台数を年間1400万台以上に増加させたい考えだ。

 3社連合はGoogleと提携したことを共同で発表したが、Androidプラットフォーム上で使用する顧客インターフェースや具体的な機能については、各社が独自に開発するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]