logo

アップルイベント、Mac関連の情報は「macOS Mojave」配信日のみ--新型Macは発表されず

David Gewirtz (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年09月13日 12時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleのスペシャルイベントが終了した。イベントでは「Mac」エコシステムについての言及はほとんどなかった。Tim Cook氏は「macOS Mojave」が米国時間9月24日(日本時間では9月25日)に登場することに言及したが、Mac関連の発言はそれだけだった。

 新しい「Mac mini」や「Mac mini Pro」、あるいは「Mac Pro」に関する何らかのニュースを期待していた人々への発表は一切なかった。新しいMac miniについて、さまざまなうわさが飛び交っていたが、Appleはうわさを否定することも肯定することもしなかった。

 2014年10月以降、Mac miniがアップデートされていない状況は今回も変わらなかったが、Mac miniは現在も販売されている。この時のMac miniには「OS X Yosemite」が搭載されていた。経過を追ってきた人はご存知だと思うが、Yosemiteの後、「OS X El Capitan」「macOS Sierra」「macOS High Sierra」が登場し、まもなくmacOS Mojaveがリリースされる。しかし、Mac miniは今でも当時のプロセッサで動いており、メモリをアップグレードすることもできない。

 Mac miniだけでなく、既にほんのわずかな情報が分かっている新型Mac Proについての言及もなかった。

 でも、あきらめるのは早い。10月にもイベントが開催されるといううわさもある。今回のイベントではMacだけでなく、うわさされた「AirPod」「iPad」「AirPower」にも言及がなく、私たちはこれらのニュースについても近々聞きたいと待ち望んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]