logo

新「Mac mini」、2018年内に登場か

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年08月21日 07時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは2018年内に、デスクトップコンピュータ「Mac mini」をついにアップデートするとともに、高解像度のRetinaディスプレイを搭載する新たな低価格ラップトップをリリースすると、Bloombergが報じている

MacBook Airのディスプレイ
われわれはRetinaではないMacBook Airのディスプレイを、長い間見続けている
'提供:CNET News

 Bloombergによると、新たなラップトップの見た目は「MacBook Air」に似ているがベゼルがより狭く、画面サイズは13インチだという。

 背景を少し紹介しておこう。

  • Mac miniは2014年10月からアップデートされていない。現時点では、手持ちのスマートフォンの方がMac miniよりも高性能だと言っても過言ではないかもしれない。
  • Appleはいったいなぜ、1000ドル(9万8800円)のMacBook Airに競争力となる高解像度の画面を搭載しないのかと、われわれは2013年から5年間ずっと不思議に思ってきた。その間に他のコンポーネントのアップデートはあったものの、同製品は基本的に、2015年から保留の状態にある。

 このようなアップデートがついに実現するとのうわさはこれまでにもあったが、現実にはならなかったので、今回の報道もやはりうのみにはできない。

 しかし、Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は最近、Mac miniをまだ気にかけていることを示唆しており、Apple関連の予測で確かな実績を持つアナリストのMing-Chi Kuo氏は、2018年に新型MacBookの発表とMac miniのアップデートがあるとの予測を示していた。

 Bloombergによると、新型Mac miniはプロ向けになる見込みとのことだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]