logo

アップル、「iOS 12」を日本時間9月18日に提供開始へ

Jason Cipriani (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年09月13日 08時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間9月12日、スペシャルイベントを開催し、5.8インチディスプレイの「iPhone XS」、6.5インチディスプレイの「iPhone XS Max」、6.1インチディスプレイを搭載した「iPhone XR」を発表するとともに、「iOS 12」を米国時間9月17日(日本時間で18日)にリリースすると発表した。「iPhone 5s」以降、すべての「iPad Air」および「iPad Pro」モデル、「iPad」第5世代、iPad第6世代、「iPad mini 2」以降そして「iPod touch」第6世代を対象に、無料のソフトウェアアップデートとして提供される。

 6月に発表されたiOS 12は、特に旧機種のパフォーマンス向上に重点を置いている。iOS 12のその他の主な機能としては、グループ通知、「Do Not Disturb」(おやすみモード)の強化、決まった操作を実質的に自動化できる「Siri Shortcuts」などがある。

 ショートカット機能Siri Shortcutsを使用して、ユーザーは例えば出勤時に、玄関をロックし、照明を点灯し、プレイリストの再生を開始し、親しい人にメッセージを送信するという一連のアクションを1つのコマンドで実行できるように仕込んでおくことができる。また初めて、サードパーティーアプリがShortcutsを介してSiriと連携できるようになり、通勤途中にコーヒーを注文するなどのタスクが実行できるようになった。

 通知は、時系列に表示される代わりに、アプリごとにグループ化されるようになった。また、アプリの通知をロック画面に表示するかどうかや、そもそも完全にオフにしてしまうかどうかが、アラート表示から直接変更できるようになった。

 「Screen Time」もiOS 12で初めて導入された。これは、特定の端末、または複数の端末上でどれだけ時間を費やしたかということに、ユーザーに関心を持ってもらうことを目的とした機能だ。Screen Timeは、子供がアクセスできるアプリや時間を保護者が制限する、ペアレンタルコントロールの手段としての役割も果たす。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]