logo

「WatchOS 5」、日本時間9月18日リリースへ--Series 1以降の「Apple Watch」が対象

Gordon Gottsegen (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年09月13日 08時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Apple Watch Series 4」を購入しなくても、手持ちの「Apple Watch」でも新しくなったと感じるようになるだろう。

 それは、Apple Watchに対する最新ソフトウェアアップデートとなる「WatchOS 5」が米国時間9月17日(日本時間で18日)にリリースされるからだ。Appleは12日に開催したイベントで、WatchOS 5のリリース日を明らかにした。

 WatchOS 5は6月に開催されたWWDCで発表された。トランシーバモード、ワークアウトの自動検出、「Siri」のショートカットなどの機能が追加される。

 Apple Watchのシリーズ1、2、3、4のモデルを対象にリリースされる予定だ。

Apple Watch
Apple Watchのシリーズ1、2、3、4で新しいWatchOSが使えるようになる
提供:Sarah Tew/CNET

訂正:本稿公開当初、タイトルと本文において、WatchOS 5がすべてのApple Watchを対象にリリースされるとしていましたが、対象となるのはシリーズ1、2、3、4のモデルで、第1世代のApple Watchは対象外でした。訂正してお詫びいたします。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]