logo

テクニクス、置き場所に応じて音を自動調整するワイヤレススピーカ

加納恵 (編集部)2018年09月12日 14時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは9月12日、テクニクスブランドからワイヤレススピーカシステム「SC-C50」を発表した。設置した場所に合わせて最適な音質に自動調整する「Space Tune Auto」を搭載する。発売は10月26日。税別価格は8万5000円になる。

「SC-C50」
「SC-C50」

 トゥイータを同軸配置した6.5cmホーンスピーカを3組とロングストローク設計の12cmサブウーファを搭載し、理想的な音の広がりを追求。カーブを描いたエンクロージャー前面にユニットを放射状に配置することで、内部の定在波を抑えクリアな音を実現する。ボディはガラス繊維で強化した高剛性樹脂を採用し、強度を高めて歪みを低減。独自のフルデジタルアンプ「JENO Engine」を4基搭載し、各ユニットを正確かつ強力に駆動する。

 置き場所に合わせて最適な音質に調整できる「Space Tune」に、マイクを使って自動調整するモードSpace Tune Autoを備え、壁からの距離や反射の影響などを解析し、自動的に音質を調整。部屋の中央などに置く「Free」、壁際に設置する「Wall」、コーナー設置の「Corner」の3つのプリセットも用意する。

 Chromecast対応アプリを使用してスマートフォンやタブレットからの操作により幅広い音楽ストリーミングサービスを可能にする「Chromecast built-in」に対応。また、Googleアシスタントにも対応する。

 Bluetoothの対応コーデックは、AACとSBC。サイズは高さ220mm×幅375mm×奥行き197mmで、重量約5.9kgになる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]