logo

チケット提示、スマホ画面よりも「紙」を望む若年層が4割--その理由は

CNET Japan Staff  株式会社テスティー2018年09月19日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 若年層がメインユーザーのスマートフォンアンケートアプリを運営するテスティーと、CNET Japanが共同で現代の若者たちの実態に迫る同連載。

 第12回目は10代、20代の男女2921名(10代:1490名、20代:1431名)を対象に、「チケット」に関する調査を実施した。また、10代、20代の男女500名から「チケットアプリ」のアイコンを置いている画面のスクリーンショット画像を収集。傾向を分析し、若年層のチケット利用に対する意識を解明していく。アンケート調査期間は2018年8月20日〜21日。

キャプション
    【TOPICS】
  • チケット購入時の利用デバイスと利用ジャンルを調査
  • 約4割がスマホ画面ではなく紙チケットを希望、その理由は
  • 若年層がよく使うチケットアプリは?

 まず、10代、20代の男女2921名を対象にチケット購入に関して調査した。直近1年間でチケット購入した人を対象に、その際に利用したデバイスを尋ねたところ、10代、20代ともに「スマートフォン(ウェブ)」が第1位となり、10代男性で58.4%、10代女性で68.4%、20代男性で68.5%、20代女性で76.0%となった。

 ウェブ以外でも、アプリや電話での予約を含めると、若年層の多くはスマートフォンを利用してチケットを購入していることが伺える。また、10代のおよそ4割、20代のおよそ3割が「専門窓口」でチケットを購入していることがわかった。

キャプション
キャプション

 続いて、直近1年間で購入したチケットのジャンルを調査した。10代、20代ともに「コンサート・演劇・ライブ」や「映画・美術館」のチケットを購入したという回答が多く見られた。

キャプション
キャプション

 スマートフォンでチケットを予約・購入したいかを尋ねたところ、10代男性で58.8%、10代女性で58.0%、20代男性で62.0%、20代女性で63.3%といずれの年代においても約6割の人が、スマートフォンでチケットを予約・購入したいと回答した。

 スマートフォンで予約や購入したいと回答した人からは

  • オペレーターとやり取りをせず、スムーズに購入できる(19歳女性)
  • スマートフォンで購入できれば、楽だし、当日買うために並ぶ必要もない(17歳女性)
  • いつでも予約できるしすぐにキャンセルしたい時もスマホだと楽(20歳男性)
  • スマホを持ち歩いてるから、時間や値段の確認が常にできる(27歳男性)
  • 便利 忘れることがない 記録を残しておける(23歳女性)

 といった意見が挙がった。

 さらに、チケットの発券・提示に関してスマートフォンの画面提示と、発券したチケットを渡すのはどちらが良いかを尋ねたところ、こちらも予約・購入と同様に約6割の若年層は「スマートフォン」で行いたいと考えていることがわかった。

キャプション

 一方で、「発券したチケットを渡す」と回答した人も約4割いた。その理由を尋ねたところ

  • スマホなどの機械を使うとバグなどで使用できなかったときに保証がないから(17歳男性)
  • スマートフォンの充電が切れてしまったり、トラブルが起きたら嫌だから(16歳女性)
  • スマホはWi-Fiでしか使いたくないし、他人にスマホを見せるのに抵抗がある(18歳女性)
  • すぐに表示されなかったり、画面を探す手間がかかるから(27歳女性)

 など、スマートフォンのみでは安心できないという回答が多く寄せられた。また中には紙で保存したいという声も多く見られた。そこで、チケットを保管すると回答した人を対象に、チケットの保管方法を尋ねた。

キャプション

 いずれの性年代においても、「写真に撮ってデータ保管」すると回答した人よりも「紙などの実物を保管」すると回答した人の方が多い結果となった。「紙などの実物を保管」と回答した人にその理由を尋ねると、

  • 思い出や記念として目に見える形で残しておきたいから(16歳男性)
  • 世界に一枚しかないし、思い出とか記念になるから(16歳男性)
  • 紙で保存することによって思い出を強く感じることができるから。(19歳女性)
  • 実物の方が、それを手にしたときに思い出が蘇りやすく感じる。(23歳男性)
  • アルバムを作る時に思い出として一緒に貼っているから。(28歳女性)

 と、紙などの実物を残しておくことで、その時の思い出もより強く残しておけるという声が多数挙がった。

 最後に、チケット購入時にアプリを利用していると回答したiPhoneユーザ―男女500名(10代:250名、20代:250名)から、チケットアプリのアイコンを設置している画面のスクリーンショット画像を収集し、テスティーのツールにより画像解析をした。

 その結果、最も多かったアプリは両年代ともに「e+(イープラス)」、次いで第2位は「チケット流通センター」となった。第3位以降は年代で差異が見られ、10代では「東京ディズニーランド」、20代では「ローチケ」がランクインした。ほかにも「チケットぴあ」や「映画ランド」、航空券予約系のアプリを同フォルダにまとめている人が多い傾向にあることもわかった。

キャプション

 今回の調査では、10代、20代ともにチケットの予約・購入にはスマートフォンを利用していることがわかった。一方、データへの信頼や、スマートフォンバッテリが切れてしまった際などの最悪のケースから免れるため、電子チケット以外でも管理しておきたいと考えている人も多く見られた。

 また、リスク回避目的のみならずチケットの実物があることにより、その場に居たという事実を鮮明に思い出せるという回答も多く見られ、デジタル世代と言われる若年層においても実物ならではの価値を感じている様子が伺えた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]