logo

YouTube、動画を通じた募金を容易にする「YouTube Giving」発表

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年09月03日 13時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeはサイトを通して簡単に慈善活動に寄付できるようにするための新しい機能群「YouTube Giving」を発表した。

 ブログで発表されたこれらの追加機能には、寄付やマッチング寄付を募るツールのベータ版や、2017年に追加されたクリエイター支援機能「Super Chat」から派生した「Super Chat for Good」が含まれる。

提供:YouTube
提供:YouTube

 まず、「Fundraiser」機能を利用することで、クリエーターや非営利団体は動画やライブストリームに「Donate」(寄付)ボタンを埋め込み、YouTubeに決済処理などをしてもらうことが可能になる。非営利の動物救助団体Hope For Pawsがこの機能を使った募金活動をしている。

 また共同で資金を集めたいと考えているクリエーターたちのために、YouTubeの「Community Fundraisers」は複数のクリエーターの動画に同時に表示され、集まった寄付金の総額を表示する。小児病院のSt. Jude Children’s Research Hospitalがゲームクリエイター達と組み、小児がんと戦うためにこの機能を使った募金活動をしている。

 YouTubeは「Campaign Matching」という機能も追加した。これにより、クリエイターや企業は、集まった金額に同額を上乗せしたマッチング寄付をすることをFundraiser内で表明できるようになる。この機能は数週間以内に公開される予定だ。

 ライブ配信の参加者が料金を支払ってクリエイターへのコメントを固定表示できるSuper Chatから派生した「for Good」では、購入金額の100%がそのクリエイターの選んだ運動に寄付される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]