logo

Lyft、経営企画担当バイスプレジデントを任命--2018年のIPOを計画か

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年12月08日 12時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新たな資金調達ラウンドで15億ドル(約1700億円)を手にしたばかりのLyftが、経営企画およびインベスターリレーションズ(IR)担当バイスプレジデントを採用した。この役職に任命されたのは、Fitbitで経営企画担当バイスプレジデントを務めていたKristina Omari氏だ。

 Lyftの情報筋が10月にThe New York Timesに語ったところによると、Lyftは2018年の新規株式公開(IPO)を検討しているという。IPOに向けて足場を固めるため、Lyftは追加出資を求めていると報じられていた。同社は2017年に入ってから2度にわたって大規模な資金調達ラウンドを実施し、これまでに20億ドル(約2200億円)超を調達している。Lyftは、今回のOmari氏の任命が今後のIPOに関連するかどうかについては、コメントを避けた。

 Omari氏はこれまで20年にわたり、投資、戦略、M&Aの分野を手がけてきた。同氏はFitbitからLyftに移籍してきたが、それ以前は、Adobe Systems、旧Hewlett-Packard、Lehman Brothersで勤務してきた。Omari氏はまた、テクノロジ起業家を支援する非営利団体BUILDUPの共同創設者でもある。


Kristina Omari氏
提供:Lyft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]