logo

TATERU、顧客の預金残高データ改ざん--「そのような事実があった」

加納恵 (編集部)2018年09月01日 00時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TATERUは8月31日、日本経済新聞電子版が報じた、顧客の預金残高データの改ざんについて、コメントを発表した。

 報道によると、TATERUの従業員が顧客から提供を受けた預金残高データを改ざんし、実際より多く見せて西京銀行に提出し、融資審査を通りやすくしていたとのこと。これに対しTATERUは「誠に遺憾ながら、そのような事実があった」として改ざんがあったことを認めた。

 また、顧客に謝罪し、手付金として受け取っていた50万円の2倍の100万円を支払うと伝えてきたと報じられている件については「謝罪申し上げるとともに、当該顧客からの手付解除のご要望を受けて、契約に従って手付金の倍額である100万円をすでに支払い、手付解除した。そのほかの損害についても、真摯に対応させていただく旨を当該顧客に申し入れている」としている。

 ほかに同様の改ざんが行われていたかについては、現在引き続き社内で調査しているとのこと。調査結果については判明次第公表するとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]