logo

Facebook、友達以外との共通点を表示する機能をテスト--つながり促す狙い

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年08月27日 10時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、「things in common」(共通点)という名称の新たなラベルをテストしていることを明らかにした。一部のコメントに表示されるという。

 ブランドやパブリッシャーなどのFacebookページで一般公開されているコメントを読んでいくと、コメントを投稿した友達以外のユーザーと自分との共通点が強調表示される。他のユーザー名の下に、「You both went to the University of Virginia」(2人ともバージニア大学に通っていました)というラベルや、2人ともアリゾナ州フェニックス出身だとするラベルが表示される可能性がある。

提供:Facebook
提供:Facebook

 ラベルに表示される可能性のある他の共通点としては、Facebookで同じ公開グループに参加している、同じ企業で働いている(ただしFacebookでは友達になっていない)、などがある。Facebookによると、本来ならすれ違っていたかもしれない人々を積極的につなげることが狙いだという。

 Facebookは、米国でのみ実施している「小規模」なテストだと述べた。

 Facebookによると、人々が一般に公開している情報だけが、「things in common」ラベルに表示される対象になるという。この機能は、ユーザーによるオーディエンスおよびプライバシー設定にも従う。現時点で、ラベル表示をオフにするオプションはない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]