logo

テスラのマスクCEO、株式非公開化の計画を撤回

Tim Stevens (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年08月27日 08時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Teslaの最高経営責任者(CEO)を務めるElon Musk氏は数週間前、同社の非上場化を検討しているとツイートし、膨大な数の憶測と話題を呼んでいた。しかしMusk氏は、新たに公開書簡の中で、Teslaは上場企業であり続けると述べた。

 同氏は米国時間8月7日、TwitterのメッセージでTeslaを1株420ドルで非上場化することを検討していると述べた際には、冗談と受け止めた人も多かった。

 その後のメッセージで、Musk氏は、真剣に検討している姿勢を見せるとともに、その資金を確保したことも示唆していた。

 しかし、出資する可能性があるとされたさまざまな企業のプレスリリースや声明から、資金は確保されていなかったことがすぐに明らかになった。Teslaの取締役会は、議論は続行中としていたが、Musk氏は24日夜に公開された声明で、そうした議論が終了したことを明らかにした。

 Musk氏は、株式非公開化を撤回する主な理由として、フィードバックを受けた中で、既存の株主の多くが公開企業であることを望んでいることが分かったとしている。また同氏は、非公開化のプロセスについて、困難が多く混乱を招く恐れがあると述べた。

Tesla
提供:Steven Ewing/Roadshow

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]