logo

MS、インテルのマイクロコード更新プログラム公開--「Spectre」「Foreshadow」対策

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年08月23日 13時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、Intelから提供された新しいマイクロコード更新プログラムを公開している。「Spectre」脆弱性と、最近明らかになった「Foreshadow」脆弱性に対処するものだ。

 Windows 10 Version 1803のサポートページに記載されているとおり、今回のマイクロコードアップデートは、「Spectre Variant 3a」(CVE-2018-3640)、「Spectre Variant 4」(CVE-2018-3639)、「L1 Terminal Fault」(L1TF)とも呼ばれる2件のForeshadow脆弱性(CVE-2018-3615、CVE-2018-3646)に関するものだ。

 Microsoftが先ごろ明らかにしたように、影響を受けるIntel製CPUを搭載したWindowsマシンは、Foreshadow攻撃を緩和するマイクロコードとソフトウェアパッチが必要だ。

 Intelが1月にCPUに影響する脆弱性「Meltdown」とSpectreに対処し始めてから、MicrosoftはIntel製マイクロコード更新プログラムの配布に関して対応してきた。

 Foreshadowには、Intelの「Software Guard Extensions(SGX)」エンクレーブに影響する「CVE-2018-3615」が含まれている。また、「CVE-2018-3620」はOSと「System Management Mode(SMM)」のメモリに影響する。「CVE-2018-3646」は仮想マシンなどに影響する。

 Microsoftは、更新プログラムについて2018年8月20日付けで「Microsoft Updateカタログ」に公開している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]