logo

Facebook、民族や宗教に関する5000超の広告ターゲティング分類を削除

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年08月22日 10時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、広告プラットフォームでの差別を減らすことを目指している。

 Facebookは米国時間8月21日、広告主が民族や宗教に基づいてユーザーを除外できるようにする機能を制限する目的で、5000を超える広告ターゲティングカテゴリを削除したと発表した。

 Facebookはブログ記事の中で、数週間のうちに新たな認定プログラムを開始することも明らかにした。米国の広告主はすべて、「許容可能な広告ターゲティングと広告差別の違い」を学ぶ同プログラムを修了するよう求められる。

 削除された関心カテゴリの中には、「Buddhism(仏教)」や「Islamic culture(イスラム文化)」が含まれるとみられる。Facebookの意向に詳しいある人物は、同社が削除したカテゴリの完全なリストを公表することはないと語った。悪意あるユーザーがそれに応じて戦略を調整するのを防ぐためだ。

 今回の動きの背景には、Facebookによる広告ターゲティングのカテゴリや手法が調査の対象になっている現状がある。米住宅都市開発省(HUD)は先ごろ、広告主が住宅広告を表示するユーザーを民族に基づいて選別できるようにしていたとして、Facebookに対する苦情申し立て書を提出した。

 Facebookは広告タグの削除について、HUDの苦情を受けたものではないとした。同社の広報担当者は電子メールで寄せたコメントの中で、「われわれは以前からこれらのツールを開発しており、さまざまな外部のグループから情報を集めていた」と述べた。

提供:NurPhoto
提供:NurPhoto

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]