logo

「OKグーグル、いい話を聞かせて」が可能に--「Googleアシスタント」に米国向け新機能

Gordon Gottsegen (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2018年08月22日 10時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今の時代、ニュースは絶えず不安をあおる情報源になりがちだが、Googleは必ずしもその通りでなくていいと考えているようだ。

 Googleは、同社の音声アシスタント向けに、「Tell me something good」(いい話を聞かせて)という実験的な新機能をリリースした。ユーザーがこれを試すには、スマートフォンの「Googleアシスタント」やスマートスピーカ「Google Home」に、「Tell me something good」と頼むといい。音声アシスタントはこれに応え、いい気分になる最近のニュース記事の要約を聞かせてくれる。

Google Home
Google Home
提供:Chris Monroe/CNET

 この機能は、今のところ米国のみで利用できる。

 Googleによると、提供される記事は、世界にとって良いことや進歩につながることをしている人を取り上げたもので、たまたま施した親切な行為よりも、意義深い行いを対象にするという。

 いいニュースの選別は、無党派の非営利団体Solutions Journalism Networkが担う。同団体は、広範なニュース機関が配信する記事の中から、ポジティブなニュースを選び出している。

 Googleは発表の中で、短い動画を使ってこの新機能を説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]