logo

新型フィットネストラッカー「Fitbit Charge 3」発表--50m防水、タッチ画面

Jason Cipriani (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年08月21日 10時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Fitbitは米国時間8月20日、フィットネストラッカーのボディにスマートウォッチ製品の機能を盛り込んだ最新のフィットネストラッカー「Fitbit Charge 3」を発表した。洗練されたデザインのCharge 3は、防水性能(水深50mまで)とグレースケールのタッチスクリーンを備えている。また、Fitbitのフィットネストラッカーとして初めて、相対SpO2(血中酸素飽和度)センサを搭載した。

 このセンサを利用すると、血中の酸素濃度を測定して、睡眠時無呼吸などの健康状態を管理できる。さらに、Charge 3ではスマートウォッチの「Fitbit Versa」や「Fitbit Ionic」(どちらも相対SpO2センサを備える)と同様、「Sleep Score」という新しいプログラム(ベータ版)を2018年内に利用できるようになる。これは、最新のFitbit製品から入手できるあらゆるデータを利用して、ユーザーの睡眠に関するスコアを記録し、睡眠の質や与えている要因に関する情報を提供するというものだ。

 また、テキストメッセージの返信(「Android」のみ対応)、女性の健康管理、カレンダー、アラーム、タイマー、天気予報など、Fitbitのスマートウォッチにある機能の多くを利用できる(ここに挙げたのは、ほんの一部だ)。

Fitbit Charge 3
Fitbit Charge 3
提供:Fitbit

 Charge 3のボタンは、本体の左側に1つだけある。Fitbitは、このボタンを「inductive(誘導型)」ボタンと呼び、Charge 3のデザインを新しくした理由の1つだとしている。

 バッテリ持続時間は最大7日間だ。

 Charge 3は10月に発売予定で、価格は149.95ドル(日本では1万9980円)。現在、Fitbitのウェブサイトで事前予約を受け付けている。NFCを搭載し「Fitbit Pay」でモバイル決済可能なスペシャルエディションの価格は、169.95ドル(2万3630円)となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]