logo

NVIDIA、「GeForce RTX 2080 Ti」など3モデルを発表--「Turing」アーキテクチャ採用

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年08月21日 08時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAはドイツで現地時間8月20日、PCゲーム用グラフィックスカード「GeForce RTX」の新しいファミリを正式に発表した。価格は499ドル(約5万5000円)からで、リアルタイムのレイトレーシングと人工知能(AI)を活用してリッチなグラフィックスのレンダリングを行う、NVIDIAの新しいアーキテクチャ「Turing」をベースとする。

RTX 2080 Ti
RTX 2080 Ti

 NVIDIAの最高経営責任者(CEO)を務めるJensen Huang氏はドイツのケルンで開催されているgamescom 2018で、このアーキテクチャを「コンピュータグラフィックス史上最大の世代躍進」だと述べた。NVIDIAによると、最先端ゲームの場合でも、4KのHDRゲームを60fpsのフレームレートで再生できるという。

 新しいファミリは、「RTX 2070」「RTX 2080」「RTX 2080 Ti」の3製品で構成される。

 Huang氏によると、RTX 2070は、リアルタイムのレイトレーシングを最大6 GigaRays/sec(毎秒6ギガレイ)の速度で処理する。レイトレーシング性能は45T RTX-OPSで、Titan Xの数倍の性能を誇る。RTX 2070は1200ドル(約13万2000円)の「Titan XP」よりも性能が高いとHuang氏は述べた。

 価格は、RTX 2070が499ドルから、RTX 2080が699ドル(約7万7000円)から、RTX 2080 Tiが999ドル(約11万円)から。

 RTX 2080のレイトレーシング速度は毎秒8ギガレイで、性能は60T RTX-OPS。RTX 2080 Tiは毎秒10ギガレイ、78T RTX-OPS。

 RTX 2080とRTX 2080 Tiは9月20日、RTX 2070は10月に発売予定。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]