logo

グーグル、「Android」で補聴器へのストリーミングをサポートへ

Gordon Gottsegen (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年08月17日 12時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、難聴に苦しんでいる人々の生活を今より少しよいものにしようとしている。

 Googleは米国時間8月16日、補聴器メーカーのGN Hearingと協力し、今後のバージョンの「Android」で補聴器へのストリーミングをサポートできるようにする新たな仕様を作成していると発表した。つまり、Androidデバイスから補聴器の接続、ペアリング、モニタリングが可能になるということだ。

A boy with a hearing aid
提供:BSIP/UIG Via Getty Images

 この取り組みは、Appleの補聴器サポートプログラム「Made for iPhone」に続くものだ。

 Appleが先行しているが、Googleの動きはより大きな影響をもたらす可能性がある。世界のスマートフォンの85%はAndroidを搭載しているとされるためだ。iOSのシェアは14.7%となっている。

 世界保健機関(WHO)が3月に公開した統計によると、世界では約4億6600万人が聴覚障害を抱えており、多くの人がAndroidのサポートから恩恵を受ける可能性があるかもしれない。

 Androidによる補聴器のサポートは、音質を高く保ちながら、バッテリ持続時間への影響は低く抑えるよう設計されている。この補聴器のサポートに関する詳細は、Androidの仕様のページで確認できる。

Google
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]