logo

NVIDIAの第2四半期、仮想通貨マイニング向け需要落ち込む--データセンターなど好調

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年08月17日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAが米国時間8月16日、2019会計年度第2四半期決算を発表した。

 純利益は11億ドル、1株当たり利益は1.76ドルだった。非GAAPベースの1株当たり利益は1.94ドル、売上高は前年同期比40%増の31億2000万ドルだった。アナリストらは、売上高を31億ドル、1株あたり利益を1.66ドルと予想していた。

 事業部門別の売上高は、ゲーム関連が前年同期比52%増の18億ドル、データセンター関連が前年比83%増の7億6000万ドルとなった。自動車関連は1億6100万ドル、プロフェッショナルビジュアライゼーション関連は2億8100万ドルだった。

 最高財務責任者(CFO)の説明によると、「仮想通貨マイニングの需要低迷」のため、同社のOEMとIPの売上高は前年同期比54%減の1億1600万ドルとなったという。前期比では70%減だった。

 第3四半期の見通しについて、売上高を32億5000万ドル(プラスマイナス2%)と予想している。市場の予想では33億4000万ドルとなっている。

 最高経営責任者(CEO)のJensen Huang氏はコメントの中で、先頃発表されたNVIDIAの「Turing」GPUについて強調した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]