logo

「Siri」が地元の小規模店舗の名称などをより正確に認識可能に?--アップルが取り組み

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年08月13日 09時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Siri」はまもなく、ユーザーが地元でお気に入りの居酒屋やハンバーガー店の名称を、これまで以上に把握するようになるかもしれない。

 AppleのSiri音声認識チームは米国時間8月9日、近くの目的地やPOIの名称を識別する同音声アシスタントの機能を改良したと述べた。

 仮想アシスタントは通常、「Starbucks」などの有名なブランド名は正確に認識するが、より小規模な店舗についてユーザーが尋ねても、その店名を認識することが難しい場合が多いという。Siriのチームが、AppleのMachine Learning Journalに公開したブログ記事でそのように述べている。知名度の低い目的地の名称はそれほど頻繁に出てこないため、ユーザーがそうした名称をどのように発音するかというデータをシステムは十分に保持していない。そのため、Siriが音声で伝えられたPOIを検出することは難しかったという。

 Siriのチームは、この問題を解決するために、ユーザーの現在地に関する知識を音声認識システムに組み込んだ。システムは、ユーザーの現在地に基づいて事前に設定された地域に合わせてカスタマイズされ、その地域を基に、POIの名称を記録したデータベースを参照する。システムは、ユーザーが発した要求をデータベースのエントリと比較する。

 同チームによると、この取り組みの結果として、地元のスポットを検出する際のSiriの単語誤り率を、ニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコなど米国の8つの大都市圏で40%以上低下させることができたという。

 今回の新しい設定が既にSiriユーザーに提供されているのかどうかを明らかにしてほしいとAppleに求めたが、回答は得られなかった。

Siri
提供:Oscar Gutiérrez/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]