logo

サムスン、新スマートウォッチ「Galaxy Watch」発表--健康管理機能など充実

Jason Cipriani (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年08月10日 10時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは米国時間8月9日、ニューヨークで開催した「Unpacked」イベントで、「Galaxy Note9」とともに新しいスマートウォッチ「Galaxy Watch」を発表した。

 Galaxy Watchもやはり、サムスンの「Tizen」をベースにしたウェアラブルOSを搭載している。

 Galaxy Watchには、42mmと46mmの2種類のモデルがある。サムスンは、スマートフォンを持ち歩かずに済ませたいと望むユーザーに向け、2日以上持続するバッテリやLTE接続について紹介した。

 42mmモデルはブラックとローズゴールドの2色、46mmモデルはシルバー1色となっている。

 サムスンは、心拍数やストレスレベル、睡眠習慣のモニタリングを向上させた新しい健康管理ツールも追加した。「Samsung Health」がそうした情報を利用して、健康維持に役立つアドバイスをする。21の新しい屋内エクササイズなど計39のエクササイズを追跡する。

 42mmモデルの価格は329ドル(約3万6500円)、46mmモデルは349ドル(約3万8700円)で、米国では8月24日に発売される。

Samsung Galaxy Watch
提供:Samsung

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]