logo

5Gを8KやAIoTにどう生かすのか--5Gで495超の特許を取得したシャープの戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年6月14日、標準化団体の3GPPにおいて、次世代のモバイル通信規格「5G」の無線通信方式「5G NR(New Radio)」の標準仕様策定が「Release 15」として完了したことが発表された。その発表に名を連ねている51社のうち1社であるシャープは、8KやAIoTなどといった注力分野に、5Gで取得した495を超える特許をどのように活用しようと考えているのだろうか。シャープ 研究開発本部 通信・映像技術研究所 第一研究室 課長である山田昇平氏に話を聞いた。

シャープ 研究開発本部 通信・映像技術研究所 第一研究室 課長 山田昇平氏
シャープ 研究開発本部 通信・映像技術研究所 第一研究室 課長 山田昇平氏

3GPPでの標準化に一定の目途

 ここ最近の5Gの標準化動向を振り返ると、2017年12月に5Gと4Gを併用する「Non-Standalone」の標準化がなされている。山田氏によると、Non-Standaloneは日本や米国、韓国など、5Gを先行して導入する国の要求に応えるために先行して標準化がなされたものであり、4Gのネットワークの中に、5Gの基地局をスポット的に設置していく仕組みになるという。

2017年12月に5Gと4Gを併用する「Non-Standalone」が標準化
2017年12月に5Gと4Gを併用する「Non-Standalone」が標準化(画像copyrights:3GPP Technical Reports and Technical Specifications)

 一方、今回仕様策定がなされたのは「Standalone」の標準化に関するもの。こちらはコアネットワークから無線通信部分まで、全てを5Gのシステムで構成するもので、Non-Standaloneでは4Gの仕組みを用いていた、端末が基地局間を移動した時の管理や、呼び出しの制御なども、すべて5Gで実現する仕組みが整えられているとのことだ。

 中でも山田氏はStandaloneのメリットとして、コアネットワークに「ネットワークスライス」が導入されることが大きいと話す。これはネットワークリソースをサービスに応じてソフト的に切り分けることで、他のコンテンツの影響を受けることなくネットワークの安定度を高める技術だ。

2018年6月に「Standalone」を標準化(画像copyrights:3GPP Technical Reports and Technical Specifications)
2018年6月に「Standalone」を標準化(画像copyrights:3GPP Technical Reports and Technical Specifications)

 Non-Standaloneに続き、Standaloneの標準化が完了したことで、5Gの商用化に向けた準備は整ったことになる。だが3GPPでは現在、さらなるバリエーションとして、5Gをベースとしたネットワークに4Gを追加する、あるいはコアネットワークに5G、無線通信に4Gを用いるケースの標準化なども進めているという。山田氏はその理由として、4Gのインフラを有効活用しつつ5Gの導入を進めやすくする、あるいは5Gのネットワークインフラで4Gを巻き取るなど、携帯電話事業者の状況に合わせて柔軟な対応ができる仕組みを用意する狙いがあると説明した。

 また3GPPではこの作業に並行する形で、5Gの次の段階となる「Release 16」の標準化が推し進められている。こちらはインダストリーIoTなどを実現するもので、2019年12月の仕様策定完了が予定されている。

5G標準仕様の動向(画像copyrights:3GPP Technical Reports and Technical Specifications)
5G標準仕様の動向(画像copyrights:3GPP Technical Reports and Technical Specifications)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]