logo

オフィス環境の満足度が働き方改革の評価に繋がる--働く環境の変革には世代差

佐藤和也 (編集部)2018年08月04日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イトーキは、全国の従業員規模500名以上の企業に所属しているワーカーを対象に、「働き方とオフィスに関する意識調査」を実施。7月31日に結果を公表した。調査期間は5月12~14日で、男女計400人を有効回答としている。

 自社の働き方改革に対する満足度を質問したところ、「大変満足している」が3.25%、「やや満足している」が40.00%で、「あまり満足していない」が43.50%、「全く満足していない」が13.25%と、過半数のワーカーが満足していないという結果に。

 「自社の『働き方改革』に満足しているか」という質問と「自社のオフィス環境に満足しているか」という質問をクロス集計したところ、オフィス環境に満足しているワーカーの約90%が、自社の働き方改革にも満足しているという結果となった。

「自社の『働き方改革』に満足しているか」と「自社のオフィス環境に満足しているか」をクロス集計
「自社の『働き方改革』に満足しているか」と「自社のオフィス環境に満足しているか」をクロス集計

 今後取り組みたい働き方改革の施策は何か、という質問については、「休暇取得の促進(育児・介護休暇、有給休暇など)」「テレワークの導入(自宅、コワーキングスペースなど)」「オフィスの改善(集中スペースなどの新たな「場」の設置、レイアウト変更など)」が上位に。40代以上の回答と、20~30代の回答を比較すると、「テレワークの導入」「オフィスの改善」といった、働く場所や環境の変革に取り組みたい意向は、20~30代のほうが10%以上高い結果となり、世代による意識の差があるとまとまている。

自社で行われている「働き方改革」について
自社で行われている「働き方改革」について
今後取り組みたい働き方改革の施策について
今後取り組みたい働き方改革の施策について

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]