logo

フランス、学校でのスマートフォン利用を禁止する法案可決

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2018年08月02日 13時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AFPの現地時間7月30日付の報道によると、フランスで同日、生徒が学校でスマートフォンを使うことを禁じる法案が議会を通過した。9月以降、学校に通う子どもたちはスマートフォンを自宅に置いてくる、または学校でスイッチを切っておく必要がある。

 フランスのEmmanuel Macron大統領は30日、この新法が可決されたことについてツイートした

 The Washington Postの記事によると、フランスは新法によって子どもたちの携帯電話への依存を軽減し、授業に集中するよう促したい考えだ。この携帯電話の利用禁止措置が適用されるのは15歳の生徒までとされているが、教育目的の利用や一部の課外活動、あるいは生徒に障害がある場合は適用を除外されるという。

 この新法により、Macron大統領が選挙時に掲げていた公約がまた1つ実現することになる。しかし、米CNNによると、この法律を支持しない人もいるようだ。

 左派政党「屈しないフランス」の幹部Alexis Corbiere氏はCNNに対し、「われわれの目から見て、これは21世紀の法律ではない」と述べ、この法律を批判した。

 フランスで携帯電話を禁止する法律が通過するのは、これが初めてではない。2月には、実際に運転していない場合を含めて、運転手が車内で携帯電話を使うことを禁止する法律が成立した。この法律は、車を路肩に止めて携帯電話を使い、交通の妨げになる恐れのあるドライバーに向けたものだ。現在は、指定された場所に駐車している場合のみ、車内では携帯電話を使用できる。

 学校の携帯電話禁止について、駐米フランス大使館から追加のコメントはなかった。

フランス、学校でのスマートフォン利用を禁止する法案
提供:Richard Baker/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]